Kanchi Gallery Top ◆2018



難波ベアーズにて、アリマさんの追悼ライブが行われた。
題して「アリマキネン」
まずはこのセンスに脱帽。
アリマさんが参加していたり、仲良くしていた10バンドが集まっての
爆音ライブとなった。


    

これが遺影。

    

遺影の前には、みんなが持ち寄ったお供えが並ぶ。
これは供養のために、みんなで好きに食べようと言うことに。



  

横のスクリーンでは、在りし日のアリマさんの映像が流れている。
スキンヘッドのアリマさんしか知らないけれど
昔はふさふさ…ノリの良さは昔から。
その映像を眺めているのは、同じくひみつキングのベースの人。
後姿がなんとなく寂しそう。
今日はお坊さんのコスチューム。



まずは献杯と行きましょう!
みなさん、よく覚えておいてください。
先に死んでしまうと、こんな風にしてみんなにいじられネタにされるので
長生きしましょう!


ひみつキングで付き合いの長い2人が並んでご挨拶。
いい挨拶やわ。ほんと。

ちなみに、ダライラマとガンジーのつもりらしい。(笑)

たくさんのバンドが演奏したけれど
今回はモッシュルームと鼻炎トリオのみの画像を載せます。



ひみつキングとモッシュルームという2つのバンドで活躍していたアリマさん。

ひみつキングではドラムを叩いてたアリマさんだけれど
音楽的センスが抜群で、昔はエレキギターをぎゅんぎゅん♪弾いていたらしい。
そんなアリマさんがギターを弾いていたモッシュルーム。
ひみつキングでは、アリマさんがドラムを、モッシュルームでボーカルをしている人がギターを
そしてベースという3人だった。



メンバーは変わっても嗜好は同じ。
超高速リズムとシャウトの短い曲。

 

似合いすぎるくらい似あっている僧侶姿。



   

実は歌の内容はほとんどわからないんだけれど
なんか魅了するものがあって
爆音でつんざくステージに釘づけ。

ひみつキングラストライブvol.1



難波ベアーズという場所がら、実は出演バンドほとんどが爆音。
それはもう、半端な音ではない。
だから、鼻炎トリオの演奏をとてもとても心配した。
いつにない心配。
あまりに異色だから、受け入れられるだろうかって。

でもね、やってくれましたよ。!(^^)!

   



いつもより気兼ねなく爆音が出せるということ
更にPAがいいようなので、思い切りのいい演奏ができ
かなりいい線行ってたと思う。(^O^)

   

頭だけじゃなく口元まで隠すから、ほんとに…もう

   

学生運動を知らない若者には、このヘルメット大好きメンバーがどう映ったのだろうか。
聞きたかったけれど怖くて聞けなかった。(笑)

    

出演したどのバンドより「高齢」のバンドだけれど
はち切れんばかりの若さに対抗できる
かなり円熟した味が出せたように思う。

   

   

   

たぶん、他の爆音バンドのほうが世間では異端児なんだろうけれど
このライブにおいては、鼻炎トリオは異端児になっていたので
客席にいた私は、今までにない緊張で固まっていたんだけれど

それを吹き飛ばしての演奏、良かったと思う。


人は必ず死ぬ。
だけど、誰も明日死ぬとは思っていない。
アリマさんはどうだったのかな。
病気がわかって治療に苦心する中、覚悟もあったように見受けられる。
「ラストライブのvol.1」などと自虐的なタイトルで、ひみつキングのライブをやっていた。
周りの人はみんな彼の病気を知っていたから
「これが最後やというと、客が集まるわ…」なんて笑っていたね。
治療の合間には自宅で楽器やエフェクタ製作をやり
更に出来るだけライブもやっていた…
最後までアリマさんはアリマさんやったよね。

お墓もない、仏壇もない、お葬式も公けにはやっていない。
死を覚悟して、ちゃんと段取りして、アリマさんらしく最後を迎えたと思う。
そして、そんな彼に、仲間がこんなにも心温まる明るいライブをして偲んでくれている。
こんなこと、誰にでもやってもらえるものじゃないよ。彼だからこそ。
亡くなってもなお、花開いた。
まだまだ若かったし、彼のことだからやりたいこと、また才能があったのでやれることが一杯あったはず。
それはとても残念だけれど、だけど見事に生き切ったよね。


安らかに眠ってとはいわない。
どこかで爆音鳴らしているはず。
ハンダゴテ片手に、にやにやしているはず。
みなさんの迷惑にならないように、少しはお静かに願います。(笑)

アリマさんのことは忘れない。
楽しい時間をありがと。

inserted by FC2 system